薬を飲んでいる女性

男性にもあるのですが、女性の方が症状が重くなる更年期障害はなぜ起こるのでしょうか。男女ともに加齢とともに男性ホルモン、女性ホルモンが減少します。女性は閉経によって急激に減少するために、症状が重くなりやすいですし、自覚する人がとても多いです。

女性ホルモンの急激な減少によって起こるからこそ、低用量ピルを使用することで改善することができます。
若い頃は問題がなかったけれど、加齢とともに段々と生理不順に悩まされるようになりませんか。もちろん、個人差がありますが、これはエストロゲンとプロゲステロンと言う2種類の女性ホルモンのバランスが悪くなっていることが考えられます。

1ヶ月の間にこれらのバランスが変化していき、排卵や生理が来ます。だから、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが悪くなってしまうと、生理不順が起きやすくなりますし、PMSや生理痛で辛い思いをすることもあるかもしれません。

更年期は45歳から55歳くらいの年代で、この年代になると閉経前後と言うこともあって、急激に女性ホルモンが減少しています。この年代の人が低用量ピルを服用すれば、その中にはエストロゲンやプロゲステロンが入っているために、不足した分をおぎなうことができます。足りない分をおぎなうことができれば、辛い症状も出なくなるでしょう。閉経前後の女性が服用して、多くの人が効果を実感しています。

ただし、必ずしも更年期の女性に低用量ピルを処方してもらえるわけではありません。40代以上の女性にはリスクがあると言われているために、違う治療を行うこともあるからです。

ホルモン補充療法であればより安全に更年期の生理不順への効果が期待できます。ホルモン補充療法も同じようにエストロゲンやプロゲステロンを補充します。ただし、その量に大きな違いがあるので、こちらの方が良いかもしれません。

ただでさえ女性ホルモンの含有量が少なくなっている低用量ピルですが、それよりもエストロゲンやプロゲステロンの量が少なくなっており低用量ピルの1/6程度しかありません。これだけ量を少なくすることで、よりリスクを回避することができます。

どこの医療機関でも更年期の女性に低用量ピルの処方を行なっていないとは言い切れません。ただし、より安全に治療を行うためにホルモン補充療法を選んでいるクリニックはたくさんあります。エストロゲンやプロゲステロンの量が少ないために効果が本当にあるのか不安に感じるかもしれません。これだけ量を抑えていても、十分に更年期の生理不順を改善させていますので全く問題はないでしょう。

どちらが良いのかは医師の判断によるので、クリニックによって治療法が変わります。どちらの治療法であっても生理不順でさまざまな辛い症状を抑えられるでしょうから、まずはクリニックへ行ってみてください。問診や検査などで自分にとって最適な治療法を判断してもらいましょう。

すでにこれまで低用量ピルを服用したことがあったり、かかりつけのクリニックであれば処方されるかもしれません。更年期の女性であっても安全に使えるだろうと思われる低用量ピルを処方してもらうこともきっとできるはずです。

ほてったり、イライラしたりしていませんか。いつ生理が来るのかわからないくらい周期が乱れることもあります。どちらの治療法であっても足りなくなった女性ホルモンを補充してくれます。我慢してしまう女性も少なくありません。また、腹痛などであれば鎮痛剤を購入して対処するだけの人もたくさんいます。根本的な治療をしないと、これは治りません。その場しのぎではなく、医療機関を受診して最適な治療を受けてください。