• ホーム
  • ピルは何歳から飲めるの?

ピルは何歳から飲めるの?

2020年03月07日
心配している女性

生理痛で悩むのは更年期の女性だけではありません。若い女性であっても毎月の生理が辛くてたまらないこともあります。小学生だけど、月経トラブルがあるのでピルを飲んだ方が良いのではないかと思う
ことがあるかもしれません。しかし、こんなに若い子が飲んでも本当に大丈夫なのか気になりませんか。

基本的に初経を迎えているのならば、小学生に処方されることもあります。医師の判断によりますので、明確に何歳から飲んでも良いのか気になる人は相談してみてください。

発育影響があるのではないかと不安になるかもしれません。しかし、あまり発育影響を不安に思う必要はありません。そもそも女性ホルモンが有効成分として配合されており、乱れたホルモンバランスを整える働きがある薬だからです。決して怪しい成分が入っているわけではありません。

むしろ、乱れたホルモンバランスを整える必要があるのならば、何歳から服用を始めても問題なしと言っても良いでしょう。初経を迎えている女性であれば小学生が服用しても大丈夫なので安心してください。

メリットがたくさんある薬ですから、小学生であっても月経トラブルがあるのならば、医師の判断に従って服用してください。注意点があるので、これを守らないとメリットを感じなくなってしまいます。

最も重要な注意点は飲み方です。さまざまな種類がありますが、どのピルを処方されたとしても医師の指示に従って飲んでください。その通りに飲み続けていれば、ホルモンバランスが整うので、月経トラブルが改善されます。

飲み忘れると効果がなくなるので飲み忘れないようにしましょう。小学生であっても服用できますから、中学生も高校生ももちろん飲んで構いません。日本では市販されていませんので、医療機関を受診してください。医師の判断で自分に合っているピルを処方してもらいましょう。

子供が月経トラブルに悩んでいるけれど、発育影響を考えてピルを飲ませたくないと思っていませんか。小学生が飲んでも問題なしですから、医療機関で処方された際には安心して子供に飲ませましょう。そうすれば、快適に生活できるようになるはずです。

もしかしたら、重い副作用が出るかもしれませんが、体が慣れていない時はよくあります。大人の女性が服用しても副作用に悩まされることが多々あるので、小学生であってもさまざまな副作用が出ることは十分に考えられます。あまりにも副作用が重たい場合は、医師に相談する必要があります。

生理がある女性であれば、誰もが月経トラブルに見舞われるかもしれません。そういう時は大人の女性と同じように治療しても構いません。多くの人がさすがに初経を迎えているとは言え、小学生がピルを飲むことに抵抗がある人はいるでしょう。避妊のイメージがあることも関係しているのかもしれません。初経を迎えて生理があるのならば、ピルを服用した方が良いこともあるので、このことをわかった上で医療機関を受診しましょう。