• ホーム
  • ピルを服用しているときは水分摂取を心がけたほうがいい理由とは

ピルを服用しているときは水分摂取を心がけたほうがいい理由とは

2020年03月02日
手で薬を持っている様子

なぜ、ピルを服用している時に水分補給をこまめに行なった方が良いと言われているのでしょうか。医療機関を受診した時に、医師からも言われるかもしれません。それくらいとても大事なポイントなので、必ず守ってください。一体、どのような理由があるのでしょうか。

普段からこまめに水分をよく飲んでいる人であればあまり問題はありませんが、あまり水分補給をしていない人は要注意です。水や麦茶などのこまめに摂取するようにしましょう。

ピルには女性ホルモンが含まれていますが、これには血を固める働きがあります。血が固まりやすくなるために水分のこまめな補給をしておかないと血栓症になるかもしれません。血液が固まって血栓ができる血栓症になると、手足がしびれたり、呼吸困難に陥るなど重篤な症状が出ることもあります。とても大きなリスクが潜んでいますが、このリスクを回避するには水分のこまめな補給があります。

汗をかいてしまい、脱水症状になればよりリスクが上昇するので気をつけてください。夏の暑い時期は汗を大量にために、脱水症状のリスクも上昇するのでより一層ピルの服用時に血栓症になりやすいでしょう。夏はいつも以上に水や麦茶などのこまめな補給が欠かせません。

ピルを服用時に水を飲むのも良いけれど、他の飲み物を摂取したくなりませんか。麦茶は構わないのですが、気をつけないといけない飲み物もあります。紅茶やコーヒーはおすすめできません。これらがおすすめできない理由は利尿作用があるからです。

カフェインが含まれている飲み物には尿と一緒に体内の水分を体外へ排出する働きがあります。だから、カフェインが含まれていない飲み物を選んでください。紅茶やコーヒーの中にはノンカフェインもあるので、これなら飲んでも構いません。最もおすすめしたいのは水ですので、ミネラルウォーターなどを意識して多く飲むようにしましょう。

また、適度な運動を行って血流を改善させるのもおすすめです。血行が良くなれば、血栓症になるリスクも低下します。デスクワークなどであまり体を動かさない人はより血栓症のリスクが上昇するので、こまめに立ち上がるなどして血行が悪くならないようにしましょう。

血液をサラサラにする食べ物があると言われていますが、このような食べ物をピル服用時になるべく食べた方が良いです。血液がサラサラになれば血栓ができにくくなるからです。毎日の食生活の中に血液をサラサラにする食べ物を取り入れるようにしませんか。

水やノンカフェイン飲料をなるべくピル服用時にはこまめに補給してください。せっかく生理不順や月経痛などの苦しみを改善しようとしているのに、血栓症になっては大変です。以上のことを行なっていれば、リスクが低下するので取り入れてみてください。特に、水分のこまめな補給が必要なので、少しずつ何回かにわけて飲みましょう。必ずノンカフェイン飲料を選ぶことを忘れないようにしましょう。