• ホーム
  • ピルを飲んで飲酒するのは大丈夫なの?

ピルを飲んで飲酒するのは大丈夫なの?

2020年05月30日

お酒が好きで毎日の晩酌が楽しみと言う人は男性だけではなく、女性にも多いです。ただ、ピルを飲んでいる時に飲酒しても問題がないのか気になりませんか。薬はアルコールと一緒に摂取してはいけないと言う話はよく聞きます。だからこそ、飲酒することがよくある人には心配でしょう。

意外と思われるかもしれませんが、飲酒は問題なしです。むしろ、ストレス解消のために飲酒したい人は飲んでも構いません。アルコールによってピルに何か影響があるわけではないので気にしないで大丈夫です。

アルコールにはストレス解消できるメリットもありますし、血液循環が良くなるメリットもあります。嗜む程度であれば全く問題なしです。

全く注意点がないわけではありませんので油断は禁物です。アルコールで影響が出るわけではないとは言え、ピルは毎日継続して服用することで効果を実感できます。だからこそ、適度な量を保つことが重要です。

時にはストレス解消と言いつつも、深酒したくなることはありませんか。いつもよりも多く飲んでしまうこともあるでしょうし、体調によってはいつもと同じくらいしかお酒を飲んでいないはずなのにすぐに酔うこともあります。

飲みすぎたために吐き気がすることはありませんか。適度な量であれば血液循環が良くなるなどメリットはありますが、飲みすぎると戻してしまうかもしれません。吐き気がして、せっかく服用したピルを吐き出してしまうと効果が薄れる恐れがあります。そうならないようにするためにも、飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

ピルを服用してからあまり時間が経過していない時に、下痢や嘔吐しないようにするためにも、飲酒する習慣がある人はいつのタイミングで飲むべきかを考えた方が良いです。忘れにくい時間帯だけではなく、飲酒の影響が出ない時間帯にした方が良いかもしれません。

毎日同じタイミングで服用した方が良い薬です。12時間以上間が空いてしまうと不正出血の恐れもあるので、特に1日のどのタイミングで飲むべきかは良く考えた方が良いです。

注意点にさえ気をつけておけば、アルコールを摂取した時にピルを服用しても問題がありません。ストレスも生理不順などの原因となりますから、うまくアルコールと付き合ってストレス解消することは決して悪いことではありません。お酒に飲まれないようにすることが鉄則で、これは普段から気をつけておいた方が良いことです。飲みすぎると他にもさまざまな影響が出ることもあるのでほどほどにしましょう。

もしも、吐き気がして戻してしまった際には、医療機関を受診して医師に相談してください。医師の指示に従ってピルを服用すれば安心です。ついつい飲みすぎてしまいがちな人は飲酒する時間帯ではなく、全く酔っていない時間帯に服用する習慣を身につけておいた方が良いかもしれません。体調がすぐれない時は無理して飲酒しないことも重要です。ピルの効果を発揮するためにも気をつけましょう。